すぐそこに見えるでしょ?


-The abstract of my blog on 6th August-

Yesterday, the Kanagawa breast cancer citizens forum ended with great success. Many members who always take part in Twitter, Facebook, and my blog also gathered to the forum. Some patients reached their hands out to receive my business card quietly casting their eyes down. Some patients only said “Please give me your card” and left there soon after receiving it. I think “Don’t worry. You are always connecting with me. Even if you were not able to look into my eyes, I appreciate that you found me. You were burned into my memory.” I’ll continue to send my energy to you. And I appreciate your cooperation for IBUV’s interview and taking images.  (Translation supported by Mari Numata)

DCIS(非浸潤性乳管がん)に対する外科的治療
<術後照射 その3>
日本では浸潤がん、DCISのいずれにおいても組織学的断端陰性が確保されれば照射は不要とする、断端判定に基づいた照射の省略が一部の施設でおこなわれている。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

誰にも分岐点があります。

その分岐点は、誰かとの出会いによって出現することもあります。

今まではこの道しかないと思っていても、

出会った人によって新たな道が開けることがあるのです。

自分の道が見えないとき、

ひとは徐々に自分だけの世界に入っていってしまいます。

でも自分だけの世界に入れば入るほど、

道はせまくなり、暗くなり

行き止まりになってしまう可能性が高くなります。

道が見えないとき。

光が見えないとき。

仲間を見つけてください。

それが、ネット上でも構いません。

ネット上の出会いはやがて、本物の出会いになります。

あなたを守る道はたくさんあります。

先が見えないとき。

立ち止まって、

よーく周りを見渡してみてくださいね。

ほら。

分岐点がたくさん見えてきますからね。

光の見える方へ、どうぞ。

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ