そこに密かに入り込みます。


-The abstract of my blog on 8th August-

A boy who is a first year student was crying extremely in the waiting room of emergency visit. He didn’t stop crying saying “Ouch! Ouch!” I was seeing another patient, so asked nurse why the boy was crying. Then the nurse replied sadly that the doctor had not come yet. So I said “Let him in the room anyway instead of leaving him there. At the same time,the doctor who take care of him came. “Press the boy down so that he can’t move,” nurses said so with fighting spirit. So I said “No, let’s treat him during talking instead of pressing him down so that he doesn’t feel pain in his heart.” While he was treated by the doctor, I held him round the shoulders stroking his head. The boy had been smiling during histreatment. When he left my hospital, he was waving his hand with smile. I think it’s important to treat patients not only physically but also mentally. I always treat them with love. So I think “Don’t be afraid of going to hospitals.” (Translation supported by Mari Numata)

DCIS(非浸潤性乳管がん)に対する外科的治療
<術後照射 その5>
しかし、このような照射省略の安全性に関してはランダム化比較試験で証明されておらず、今のところDCISに関しても非照射乳房温存の一定の条件は確立していない。腫瘍径が小さく、核異型度が高くなく、十分に断端陰性の例を選んで行われた前向き試験でも、非照射群の局所再発が高率となり、試験中止となった。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

緊急手術は突然襲ってきます。

一日も終わり、「そろそろ休もうかな。」

という私の一瞬のこころの隙間に、

厳しく入り込んできます。

先日も、

「今日はゆっくり休まなきゃ!」

という私のこころの隙間に突然の救急コール。

そんなときは、一瞬で気持ちを引き締め、

手術に向かいます。

私たちにも病魔は突然襲ってきます。

多くの場合、

私たちに心の準備なんてありません。

しかしどんな状況であれ私たちは、

突然襲ってきた病気を受け止めて、

乗り越えていかなければいけません。

それは、一人ではなかなか難しいこともあります。

どうか、一人では受け止めず、

御家族に、お友達に、ご相談なさってくださいね。

もしどうしてもつらいときには、

私はいつもここにおりますからね。

あなたのことを、応援しています。

今日は、私も心に隙を作らないようにして休みますからね。

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ