驚くようなお話が飛び出します。


-The abstract of my blog on 26th August-

Yesterday, I took part in the gathering of high school I graduated from. Many members who usually communicate with each other on Facebook irrespective of age gathered and talked together cheerfully . And I spent an enjoyable time.The age difference between the oldest and the youngest is 20. Their occupations are a company president, a doctor,a worker in the mass media, a worker in the film world, and so on. Everyone talked each one’s dream while looking back their time of high school student and depicting our wonderful future. I talked about what we can do to protect women. I was able to confident that all of us, who graduated from boys’ school, are willing to protect women with great enthusiasm. I and my companies plan to go forward together with our dreams. (Translation supported by Mari Numata)

リンパ節転移陽性症例に対するSLN単独と郭清の比較 その2
SNBは臨床的リンパ節転移陰性(N0)乳がんにおいて腋窩リンパ節郭清と同等に腋窩リンパ節転移を正確に診断できる生検法であることが検証された。90年代後半からN0乳がんを対象としたSNBによる腋窩治療の個別化に関する試験がおこなわれている。多くの試験で症例登録を終了しているが予後に関する報告は少ない。これは、対象がN0乳がんで予後が良好なこと。乳がんは集学的治療標準であり、原発巣の悪性度に応じた全身治療が施行されて再発が抑制されていること。腋窩治療および再発単独が予後に与える影響が少ないことなどが理由として考えられる。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

今日は素敵な本を読んでいます。

新宿歌舞伎町で、女性でありながら

身体を張って支配人としてホテルを守り抜いている、

三輪康子さまの著書です。

日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人


三輪さんのホテルが目指すのは、

「自分の家に帰るような普段着の宿」

だそうです。

深夜に延々と怒鳴るホテルのお客さまを見ながら三輪さんは、

「このひとは今どんな気持ちでいるのだろう。」

「このひとのために、今何をしたらこの人はうれしいんだろう?」

そんな風にお考えになる優しい感性の持ち主です。

私の日々の診療においても、

たくさんのつらい思いをしている患者様、御家族様がいらっしゃいます。

泣きたくもなるでしょうし、

怒りたくもなると思います。

以前もお書きいたしましたが、私は様々な場面で、

「この患者様はなぜ怒っているのか。」

「この御家族は、なぜ大きな声を出されているのか。」

その理由をいつも考えるように心がけています。

御本人にも、

御自分が怒っている理由が分からない場合すらあると思います。

なぜだかよく分からないけど、

いらいらしてしまう。

人ですから、そういうこともあるでしょう。

その理由をそばで御一緒にお話しながら見つけて解決していくこと。

それは私の大好きな時間でもあります。

悲しみの原因、

怒りの原因は、

少しの気持ちの持ちようで解決できます。

私は精神科医ではありません。

心療内科医でもありません。

けれども、

あなたと一緒に悩み、答えを探しだすことができます。

ご紹介した先ほどの御本を読みながら、

「うんそうだ!」

とか

「良いこと言うね!」

ってつぶやいてしまっています。

皆様も読んでみると勇気がわいてくると思いますよ。

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ