忘れずに!


-The abstract of my blog on 31st August-

“A wise man keeps away from danger.” “Yielding is sometimes the best way of succeeding.” These proverbs tell us how to behave if we really want to pursue our ideals and achieve our goals. But I have belief which I want to persist in and have something I want to protect at the risk of my life. Sometimes staffs say “Dr. Takahashi, you are more stubborn than I thought.” And they are surprised at me because I never change what I am. But I can’t stand with staffs who make patients sad. I want them to think about how they should be and become aware of patients feelings. I always want to provide medical care that can make patients satisfied. So I also want patients to tell doctors and medical staffs what they want and how they feel without hesitation. Let’s overcome disease or something we have to face together.
(Translation supported by Mari Numata)

リンパ節転移陽性症例に対するSLN単独と郭清の比較 その7
2002年international union against cancer (UICC)第六版から、微小なリンパ節転移について、その最大径が0.2mm以下のisolated tumor cells、0.2mmから2mm以下のmicro metastases(MIC)、2mmより大きいmacro metastases(MAC)に分類された。ITCは転移形成能に乏しく、病理学的リンパ節転移陰性(n0)に分類され、MICはMACと同様に転移陽性(n+)と分類され腋窩郭清が推奨された。

”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

「先生、学会に行ってしまうのですか?」

入院中の患者様がそうおっしゃいました。

「仙台に行ってきますね。」

入院中の患者様に、そうお伝えするだけでも

胸が苦しいのに、

「学会に行ってしまうのですか?」

と話しかけられますと、とても心が痛みます。

患者様にとっては、

御自分の身体のケアを担当してくれる医師が

どんな理由であれ、不在となるのがとても心配なのだと思います。

どんなに調子が良くなって来ているとはいえ、

患者様をおいて学会に参加するのは

良くないことなのかもしれませんね。

少なくとも、患者様に寂しい思いをさせてしまうという点で、

反省いたします。

ですから、その分いっぱい勉強をしてきますね。

そして、すぐに患者様のお役に立てるように

学んだことを具体的な形にしていきます。

それが、学会参加をする者の使命です。

Facebookでお友達になった先生方ともお会いすることでしょう。

ネット上の出会いが、リアルな出会いに変わる瞬間。

それはとてもしあわせな瞬間です。

自分の想像通りの方だったり、

まったくイメージと異なる方だったり、

文面だけからは読み取りきれないこともたくさんあります。

実際にお会いすると恥ずかしくて、

何もしゃべれないかもしれません。

それも面白いですよね。

色々な御報告をしますね。

ちなみに、私が学会参加中でも

外科チームのメンバーが患者様をしっかりとサポートしてくれますから

ご心配はいりませんからね。

それではまた明日。

明日は仙台からお伝えいたします。

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

今日も応援クリックをおねがいできますか?
私もいつもあなたを応援しています。
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ