患者様もパワーが必要だよね。


-Abstract of my blog on 26th Feb. 2011-

Kitaibaraki city is located near the boundary between Ibaraki pref. and Fukushima pref. The city is famous for “Ankou nabe” and hot spring. People who live there are very kindhearted. I had spent precious time as a doctor and a surgeon in the city. I had experienced so many cases because there were no other hospitals nearby. I had to cope with all cases. So I felt that I need to acquire all sorts of knowledge and technique. From that time, I’m pursuing my style to accomplish my ideal. And also I want to tell you “You don’t have to worry about going to hot springs after surgery. Please take your friends and spend a happy time together.”

Supported by mari.n on Twitter

<局所療法と全身療法の選択>

再発部位が一ヶ所に限局している場合は

局所療法の適応となることが多い。

温存乳房内再発に対する手術や

孤立性の有痛性骨転移に対する照射などが、

局所療法の良い適応である。

逆に複数の転移部位を有する場合は

全身療法の適応となる。

局所療法と全身療法の同時

あるいは

逐次併用も有効であることが多い。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

そばにいられないもどかしさ。

それを、感じることがあります。

たくさんの患者様が、

この瞬間も病気と闘い、

痛みと闘い、

不安と闘い、

さびしさと闘っています。

早くそばに行って、

お声がけしたい。

早く手を握って差し上げたい。

そう思います。

でも、

距離が許してくれない場合が多々あります。

患者様との距離。

それは、

どのように解決すれば良いのか。

永遠のテーマです。

自分の移動距離は、

限られています。

移動スピードも、

限られています。

どんなに猛スピードで走りたくても

法律は守らなければいけません。

雨や霧など、

様々な障害が襲ってくるかも

しれません。

ですから、

距離を乗り越える何かがないと

うまくいきません。

それは、信頼だと思います。

信頼により、

距離を乗り越え、

障害を乗り越えることができると

信じています。

でも、

信頼関係を築くことは

容易なことではありません。

時間もかかります。

ほんの数分で、

厚い信頼関係は築くことはできません。

何時間も、

何日もかけて、

語り合い、

思いを伝えあわなければいけません。

信頼関係があれば、

不安は少なくなります。

ですから、

患者様とドクターは

語り合い、

思いを伝えあわなければいけません。

そのためには、

短時間の外来のみでは

なかなか難しいと思います。

みんなが

どのようにより厚い信頼関係を

築くことができるのか。

一緒に答えを見つけていきましょうね。

いつかきっと、

患者様の不安のない世の中を

作り上げたいと思います。

大きな夢。
大事にしたいよね!
って、クリックをおねがいいたします。
人気ブログランキングへ
緩和ケアチームブログ
夢を現実へ!
kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
yasuuのIDはDrYasuu
週末はつぶやきもお休みしちゃったね。
また明日おしゃべりしようね。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ