どうすればあなたを癒せるのかな?


-Abstract of my blog on 3rd Mar. 2011-

Yesterday I went out to take part in the activity establishing regional network. The number of patients who are diagnosed with cancer is increasing year after year. And many patients lose place to go because people around them can’t understand their disease well. When their treatments doesn’t get good results, what we should do? Do we have to give up? I think the answer is “No”. Doctors and medical staffs always support you so patients are able to choose the place where they spend their precious time. Both hospital and their home are available. It’s necessary for patients’ families to cooperate with doctors.  

Supported by mari.n on Twitter

<再発後全身療法の選択 その5>

多発肝転移や

呼吸苦を呈する肺転移を認めず

高齢で再発までの期間が

長ければ、

ERまたはPRが弱陽性であっても

まず内分泌療法を第一選択と

すべきである。

逆に、

life threatening(命をおびやかす)の場合

つまり

多発性の肝転移、

呼吸困難を伴う肺転移や

がん性リンパ管炎の場合は

早急な抗腫瘍効果が必要とされるため

化学療法が第一選択となる。

HER2の増幅

あるいは

過剰発現が確認された場合は

HER2を標的とした

トラスツズマブやラパチニブの

対象となる。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

私は病院が大好きな子供でした。

病院に行くと、

白衣の先生がいつもニコニコ優しくしてくれました。

病院に行くと、

いつも先生がご褒美のチューイングガムをくれました。

病院に行くと、

優しい看護婦さんがいました。

病院に行くと、

必ず帰り道に大好きなクリームソーダを

母がごちそうしてくれました。

ですから、

私は病院が大好きな子供でした。

今私は、

病院で患者様や、患者様のお子様の

お相手をする立場になりました。

できるだけ皆様、そしてお子様に、

病院を好きでいていただきたい。

いいえ、

好きで無くてもいいけど、

嫌いにならないで欲しい。

「そのために、何か良い方法はないかな?」

なんて思っています。

でも、

皆様にご褒美のプレゼントを

毎回さしあげる訳にもいきません。

ただ、病院の緊張の中で

皆様の緊張をほぐして、

癒しをプレゼントして差し上げる。

それはできます。

また、

かわいいお子様方と

楽しい外来のひとときを御一緒に

過ごすことができます。

そうやって、

みんなでほんわかした時間を

過ごすことで

皆様に幸せな気持ちになって欲しい。

そう思います。

もし、

病院が嫌いで、

「どうせ医者なんて!どうせ病院なんて!」

と、治療を拒否してしまっているあなた。

ちょっと、

お話しにきてみませんか?

でも、やっぱり病院は緊張するね!
って、クリックをおねがいいたします。
人気ブログランキングへ
緩和ケアチームブログ
みんな優しいよ!
kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
yasuuのIDはDrYasuu
お試しで私に話しかけてみてね!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ