きっとその態度にはワケがあると信じたい。


-Abstract of my blog on 28th Mar. 2011-

Now I’m planning to learn Chinese. When I begin something, I make it a habit to announce my plan to you. I wanna be a doctor who can see patients ,not only Japanese but also non-Japanese. So I have to be able to speak a variety of languages. By the way, how do you learn a new language? When I was a junior high school student I heard a tape recorder of English textbook again and again. Then I gradually understand what it says. And after that I spoke to my friends and teachers in English. That is the way to learn foreign languages. Listen to the language as a music and speak to someone with it is the best way I think. If you come to see me , I will talk to you in Chinese.

Supported by mari.n on Twitter

<再発における化学療法>

ー化学療法剤 ー

タキサン系

タキサンの併用療法 その4

アンスラサイクリン既治療である転移性乳がんに対する

ドセタキセルとカペシタビンの併用療法
ドセタキセル75mg/m2 day1
カペシタビン1,250mg/m2 1日2回、14日内服7日休薬

の有用性を、ドセタキセル単剤 100mg/m2, 3週ごと

と比較した国際第3相無作為化試験によると

無増悪期間の中央値はそれぞれ

6.1ヶ月と 4.2ヶ月

全生存期間の中央値は

14.5ヶ月と 11.5ヶ月

奏効率

42% と 30%

であり

いずれも併用群が有意に優れていた。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

患者様お一人お一人の価値観は異なります。

同じように、

医者一人一人の価値観も異なります。

どこに重点をおくのか。

何を大切にするのか。

患者様にとっての価値観。

それは、

医師の肩書きなのか、

医師のネームバリューか、

病院のブランドか、

それとも

医師との相性や、

医師の熱意なのか。

一方、医師にとっての価値観。

自分の専門分野だけを追求するのか。

自分の時間を大切にするのか。

患者様に寄り添うことを大事にするのか。

人それぞれです。

医師と患者様が100%同じ価値観であれば、

世の中全てうまくいくのですが、

うまくいくことの方が少ない気がします。

ほんとはそれではいけないよね。

患者様の価値観をすばやく読み取って、

そのお気持ちを大切に、

自分の持っているものすべてで解決してさしあげる。

それが医師の使命だと思います。

患者様には

医師を選ぶ権利、

病院を選ぶ権利があります。

医師たちは

それを肝に銘じ、

日々の診療をおこなっていく義務があります。

私はそんなふうに思うんです。

わたしもそう思う!
って、クリックをおねがいしてもよろしいですか?
人気ブログランキングへ

Facebookはこちらからどうぞ!
「いいね!」ってして仲間になってね!
いっぱいお話しようね!

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ