最近みんなが考えています。


-Abstract of my blog on 4th Apr. 2011-

Once in a while, only one word which is spoken by doctors or medical staffs may be misunderstood. And it may make patients very sad. In that case, it’s not good for medical staffs to leave the problem as it is. Doctors and staffs should consider what makes patients perplexed and why they feel anxiety. I want you to know there is someone who think your problems together. If possible, it’s good for you to tell your fear and sadness to medical staffs candidly. Then they will support you cordially.

Supported by mari.n on Twitter

<再発における化学療法>

ー化学療法剤 ー

ピノレルビン その3

このようにピノレルビンは有害事象が軽度であるために、高齢者に対しても使用することが可能である。60歳以上の高齢者(中央値72歳)の進行再発乳がん56例に対する一次治療としてのピノレルビン( 30mg/m2 13週まで週一回投与、以降2週に一回投与)の有効性・安全性を検証した第2相臨床試験によると、奏効率 38%、無増悪期間の中央値は6ヶ月であった。主な用量制限毒性は好中球減少であり、そのために投与量の中央値は20.6mg/m2となっていた。消化器症状などの非血液毒性の頻度はいずれも10%以下であり、grade 1/2と軽度であった。
”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

たくさんの著名人が

義援金を申し出ています。

ご高名な方が、

御自分の決意を義援金という形で表明すること。

それは、

人々に勇気を与えます。

会社の収益の一部を義援金として寄付する方。

御自分の資産の一部を寄付する方。

御自分の全財産を寄付する方。

国内だけでなく、

海外からも、

続々と申し出がございます。

金額ではなく、

その決意が尊いのです。

みんなに元気をくれるのです。

人それぞれ出来ることは違います。

高校生や社会人のボランティアの皆様。

運輸関連のお仕事の皆様。

電力会社の最前線の皆様。

消防や警察、自衛隊の皆様。

被災地で歯を食いしばって踏みとどまっている

医療従事者の皆様。

そして、

日本に住んでいるすべての人々。

海外から、

日本を応援してくれている皆様。

みんなが頑張っています。

みんなが、

それぞれに出来ることを考え、

それを形にしていくことが大事だと思います。

みんなで、

同じことをしても仕方がありません。

出来ないことを

無理して背伸びしてもいけません。

ただ、

今まで以上に

誰かのために出来ることがないか。

お互いの幸せのために、

出来ることはないのか。

考えていきたいですよね。

きっと、

「ひとの痛みを分かち合い、

みんなでお互いの幸せについて考えなさい。」

誰かがそう私たちに問うているのだと思います。

きっといつか、

その答えが見つかる日がくるでしょう。

絶対にいつか、

その答えは見つかるはずです。

ですから、

今の時間を大切に、

御自分の幸せも大切にしながら、

みんなの幸せについても考えましょう。

そして、

みんなで一緒にしあわせになろうね。

「いつか、そんな日がくるのかな?」
「大丈夫!絶対に来るからね!」
って、クリックをおねがいしてもよろしいですか?
人気ブログランキングへ

Facebookはこちらからどうぞ!
「いいね!」ってして仲間になってね!
いっぱいお話しよう!

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ