まずは信じなきゃね。


英語の要約はこちら

再発乳がん診療の新展開
<内分泌療法>
ー内分泌療法剤 その2 ー

1)選択的エストロゲン受容体作動薬 その2
(selective estrogen receptor modulator; SERM)
SERMは開始時にいわゆるフレアー減少(tumor flare)が起こることがある。頻度は10%程度と言われており、たとえば骨転移の患者において、転移性疼痛の増悪や腫瘍マーカーの上昇を認めることがある。治療開始時点より数時間から数日して起こるが、数週間のうちに回復するので、疼痛緩和などの処置を行いながら治療は継続すべきである。4-6週を過ぎても症状の軽快がみられない場合は病勢の進行との鑑別が必要である。

”乳がん診療実践マニュアル” 
福富隆志先生編集 愛知医科大学乳腺・内分泌外科教授
MEDICAL VIEW
より抜粋引用、一部改変

全自動の自動車が開発されつつあるそうです。

google社製のロボットカー。

全く自分で運転することなく、

崖ぎりぎりの道を走り、高速の渋滞を抜け、

路上駐車を避けながら対向車を待ったり、

山道で突然飛び出してくる鹿を避けたり、

とにかく驚きの運転を見せてくれます。

ついにここまで来ましたね。

みんなが思い描く未来のイメージの実現。

誰もが、「遠い遠い夢だろう。」と思っていたことが

叶うようになってきています。

がんだって一緒です。

不治の病と呼ばれていた時代から、

抗がん剤などの治療を駆使すれば、

根治に至ることができる場合も増えてきました。

もちろん、

病気や病状によってお話は変わってきます。

でも、絶対に

がんが根治する時代がやってきます。

絶対にやってくるのです。

叶わない夢はないのです。

だから、あきらめないで。

強く強くこころを持ちましょうね。

いつも応援しています。

元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Facebookには無限の可能性。
「いいね!」ってして仲間になってね!
いっぱいお話しよう!
って、クリックをおねがいできますか?
人気ブログランキングへ

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ