彼女に何が見えたのか?

<初期治療>

ー炎症性乳がんー

炎症性乳がん(T4d)は全浸潤性乳管がんの0.5~2%の比較的稀な疾患であるが、

その頻度は増加傾向にあり、予後は不良であることが知られている。

炎症性乳がんは通常、

「腫瘤は認めず、皮膚のびまん性発赤、浮腫、硬結を示す」

臨床的特徴を有する病態である。

腫瘤を認めるものは二次性の炎症性乳がんと診断され、

原発性の炎症性乳がんとは区別される。

病理学的には、

「真皮内リンパ管の腫瘍塞栓」を呈することが多いが、

炎症性乳がんの診断には必須ではない。

炎症性乳がんの発症頻度は少ないため、

ランダム化比較試験は報告されておらず、

小規模な研究や後ろ向きの検討報告があるのみである。

炎症性乳がんに対しては、

手術、放射線治療などの局所療法のみでは

予後の改善が得られなかったため、

比較的早い時期から術前化学療法で治療を開始する

集学的治療が実施されてきた。

術前化学療法としては、

アンスラサイクリンを基調としたレジメンが

標準治療と考えられているが、

近年タキサンの有効性も報告されており、

炎症性乳がんにおいても通常の早期乳がんと同様、

アンスラサイクリンとタキサンを順次併用した組み合わせが、

もっとも有効性の高いレジメンのひとつと考えられている。

”乳がん診療ガイドライン2010 薬物療法” より抜粋引用

「あの日、私は一度死んだのです。」

彼女は静かに話してくれました。

昔、長崎に住んでいたこと、

そして、あの年の今日、

偶然に長崎から佐世保に移動し、

原爆の被害には遭わなかったこと。

でも、それまで毎日毎日、

空襲警報に怯えていたこと。

精神的に限界が来ていたこと。

やがて、ついには死の恐怖を感じなくなってしまったこと。

「あの日から、私はいくつもの病気を乗り越えてきました。

乳がんの手術も二回受けました。

わたしは、死ぬのは怖くない。

だけど、先生はお話をいっぱい聞いてくれるから、

また元気にここに来ます。」

そう言った彼女の瞳はうっすらと潤んでいました。

きっと、たくさんのお友達やご家族を、

あの年の今日、

彼女は失っている。

もしかしたら、

時には、

今生きている自分を責める瞬間もあるのかもしれない。

でも、彼女は今生きている。

病気を乗り越えて再発無く生きている。

いつ、どこで、人の命が奪われるかは分からない。

人が覚悟を決めたとき、

その心の強さが、運命を変えることがある。

だから、

絶対にあきらめないこと。

絶対に投げ出さないこと。

私は、あなたの命を絶対にあきらめない。

絶対に、あなたを投げ出さない。

だから、

あなたも、

もっともっと御自身を大切になさってくださいね。

私はいつもここにいます。

昔、失われたたくさんの命のことを
今日はそっとみんなで考えましょうね。
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

緩和ケアチームのページ
今日こそはお写真を!

kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
英語少なすぎ!最近、たるんどるよ!
yasuuのIDはDrYasuu
Twitterボタン
Twitterブログパーツ