闇の中。

わずかな隙間から光が見えるはず!

<乳がん初期治療心得 12箇条>

第一箇条
初期治療と再発後治療は全く別の治療である

初期治療では、病態の特性を理解し、

最適な治療手段を最適な順番で適応し、

再発を阻止して治癒を達成することを

目標とする。

一方、遠隔転移を来して再発した場合、

大部分の症例では治癒達成は不可能と

考えられており、

治療の目標は症状改善、生活の質向上、

延命ということになり、

初期治療と使用する薬剤自体は同じでも、

目指すところが異なるため、

投与量、スケジュールなども異なる。

たとえば初期治療では、

EC(epirubicin+cyclophosphamide)は、

それぞれ90mg/m2, 600mg/m2を

3週間投与で4回投与しなくてはならないが、

再発後ではそうしなくてもよい。

”コンセンサス癌治療 2010 spring” 
乳がん初期治療心得十二箇条 渡辺 亨先生 浜松オンコロジーセンター より抜粋引用

再発後の治療。

「大部分の症例では、治癒達成は不可能。」

知りたくない情報です。

嫌な情報です。

聞きたくない情報です。

でも、そういう情報はたくさんあります。

いやでもインターネットから目に飛び込んできます。

決して、目をそらさずに、

御一緒にできることを見つけていきましょう。

必ず良い方法が見つかります。

わたしは、あきらめるのは好きじゃない。

あきらめずに取り組めば、必ず光が見えてきます。

今日、告知を受けた方。

あなたは、

人生の中でたくさんの選択をしながら

今日を迎えました。

どこで、

どのような選択肢を選べば、

今日を迎えずに済んだのか?

それは、

考える必要がありません。

あなたが、

今まで選んできた選択肢に間違いはない。

そして、

今この病気が見つかったのは必然。

偶然検診を受けた。

実は、必然。

偶然しこりが見つかった。

これも必然。

偶然乳がんの番組をみて、

検診を受けようと思った。

全てが必然なのです。

どの道を選んだとしても、

時期こそ違うかもしれないけど、

起きることは一緒。

私はいつもそう思って生きています。

だからこそ、悔やまない人生を送る。

いつも妥協をしない。

そして、起きたことは後悔せず、

これからどうすべきかを必死に見つける。

どうせ、何やっても同じ人生。

そうではありません。

ただし、妥協して生きていると

後悔するかもしれませんね。

これ以上頑張りようがない。

欲しいものはすべて手に入れる。

やりたいことはすべてやる。

今の一瞬一瞬を大切にする。

そうすれば、後悔の気持ちは生まれません。

そうすれば、もっともっと幸せになることができます。

そう、信じてみてください。

どう?

私と一緒に明るい光を見つけませんか?

そうは言うけど
ほんとに光なんて見つかるの?
見つからないときはどうしたらいいか教えなさい!
って、クリックしてみて!
blog ranking

緩和ケアチーム
ここにも光が!
kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
yasuuのIDはDrYasuu
ほら、ここにも光があるよ!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ