みんながいろんな考えをもっていて当たり前!

再発乳がん治療の要点 その3

ー薬物療法 その2ー

再発乳がんに対する薬物療法の留意点続きです。

  1. 細胞毒性抗がん剤を併用する場合、

    単に奏効率が高いとか、効果持続時間が長い、

    という理由だけで評価するのではなく、

    併用により延命効果、生活の質改善効果が、

    単剤順次投与に比べて優れているかどうかについて

    思いを致す必要がある。

    そうでなければ無意味な併用

    (ゼローダとエンドキサン)は慎むべきである。

  2. トラスツズマブは細胞毒性抗がん剤との併用により

    延命効果が得られるという報告があるので、

    効果的な併用を検討すべきである。

  3. 抗HER2療法とホルモン療法の併用も、

    その意義について十分に考慮する必要がある。

”コンセンサス癌治療 2010 summer” 
再発乳がん治療の要点
渡辺 亨先生 より抜粋引用、一部改変

がんが進行してしまった患者様のご家族と、

お話しする機会はたくさんあります。

ご本人のご希望。

ご家族のご希望。

親戚の皆様の思い。

たくさんの課題を乗り越えないと、

いけません。

みんなが同じ思いと言うわけではありません。

みんなそれぞれが別の方を向いている場合があります。

みんなの向いている方向を、

同じ方へ向けて差し上げる。

それもドクターの、

そして医療スタッフの、

大切な役割です。

そのためには、

たくさんの方と、

たくさんお話をしなければいけません。

それにはパワーが必要です。

でも、みんなの願いを叶えること。

みんなの夢を形にすること。

それはとっても幸せなことです。

それは決して仕事と思っておこなってはいけません。

自分の使命だと思っておこないます。

そうすると、

仕事の枠を超えられます。

仕事の範囲内でおこなうと、

物事には限界があります。

自分の人生におけるmission!

いつもそう思いながら、

私は様々な活動をおこないます。

そうすると超えられない壁なんて

ありません。

すべての皆様の夢を、

叶えることができます。

”人生における自分のmission”

それを考え続けることって、

とってもわくわくしますよね!!

「いわゆるミッションインパッシブル!
ってことですね!」
「そう!古いけどね!!」
って、クリックをおねがいいたします。
blog ranking

緩和ケアチーム
一つずつ夢が叶ってく!
kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
yasuuのIDはDrYasuu
夢をたくさん語るよ!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ