良い言葉ですよね。

骨転移の治療 その2

ー診断ー

症状がみられる部位の

単純X線写真

骨シンチグラフィー

FDG-PET

CT

などの検査が行われ、

病変の部位や溶骨性変化、

造骨性変化、

それらの混在した変化かどうかを

把握する。

一般にFDG-PETと骨シンチグラフィーの

比較において、

溶骨性病変においてはFDG-PET、

造骨性病変においては骨シンチグラフィーが

有用とされる。

”コンセンサス癌治療 2010 summer” 
骨転移の治療
山口大学大学院医学研究科消化器・腫瘍外科学
山本滋先生 岡正朗先生 より抜粋引用、一部改変

体の一部に痛みがあると、

乳がんを経験した方は、

皆様すぐに「骨転移かも?」

と、不安になってしまいます。

でも、

「絶対に大丈夫!」

なんて言うことは、

ただの気休めにしか過ぎません。

やはり、

痛みがいつまでも続く場合には、

きちんと検査をお願いしてみましょうね。

定期検査とともに、

症状に応じて病院やクリニックを

遠慮無く受診することが大切です。

それによって、

患者様が安心できるのでしたら、

なおさらです。

乳がんの治療のために入院していたあなた。

退院おめでとうございます。

たくさんの不安が、

まだまだ心のなかに

渦巻いていると思います。

でも、

ひとつひとつの”おめでとう”を

積み重ねていきましょうね。

ひとつひとつの”おめでとう”。

それがいっぱいいっぱいになるように、

ずっとずっと支えていきますからね。

いつか、

気がついたら、

たくさんの”おめでとう”があふれている、

そんな日がくるように、

一生懸命、一生懸命

毎日を過ごしていきましょうね。

心より、応援しています!!

みんなー!
今日一日が無事に終わって
”おめでとう!!”
って、クリックをおねがいいたします。
blog ranking

緩和ケアチーム
そろそろ更新する?
kanwa-care.com banar.png
yasuuのtwitter。
yasuuのIDはDrYasuu
そろそろつぶやく?
Twitterボタン
Twitterブログパーツ