毎日が本番です。


―乳腺MRI―
乳房温存手術が乳がん外科治療の標準となって久しい。

近年、整容性確保のために切除マージンは徐々に縮小傾向である。

一方、術後切除断端陽性は局所再発の危険因子であることに変わりはなく、

切除断端陰性をめざした正確な術前広がり診断が一層重要になってきた。

乳房MRIは広がり診断の精度が高いことは知られている。

三次元再構成画像では、任意の方向からの観察が可能で、病変範囲を把握しやすい。

乳がん診療ガイドライン2008年版の広がり診断の項目では、

MRIの推奨グレードがCからBに改訂された。

“乳癌画像診断の進歩 大地哲也 神尾孝子 亀岡信悟
東京女子医科大学第二外科“ 
外科  vol.71 No.11 2009 南江堂 より抜粋引用

乳腺MRIで、ごく小さな初期の乳がんが見つかることが増えています。

今までマンモグラフィーや超音波で見つけることのできなかった乳がんが見つかるのです。

これは決してこわいことではありません。

早期発見で胸も命も守れるのですから。

そう。

人生はステージ。

悲劇的な情景もあれば、

明るい夢のような場面もあります。

そして、主演女優はあなた。

素敵なサクセスストーリーを創り上げるのもあなた。

思い描いた世界で、

あなたは輝きながら軽いステップで踊ればいい。

いつも、あなたにはキラキラしていて欲しい。

涙のシーンのあとには、

愛にあふれた華々しいステージが用意されているから。

主演女優のあなたの役割はただ一つ。

凛と胸をはって、

素敵な笑顔で舞台に立つことだけです。

それが、最高のステージにつながるのですからね。

そういえば、yasuuの明日のステージは何?
「明日は院内緩和医療勉強会での発表さ。」
yasuuも最高のステージにするように頑張りなさい!
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking