寝ちゃおう、寝ちゃおう!

まぶたが激しく重いのさ!


―術前化学療法後の乳房温存手術―

術前化学療法をおこない、

腫瘍の薬剤感受性をみたうえで手術をおこなう方法は、

炎症性乳がんやStage3bの局所進行乳がんにたいして主に行われてきた。

最近では、腫瘍径の比較的大きな乳がん(Stage2の一部やstage3b)にたいして、術前化学療法をおこない、

良好な腫瘍の縮小効果が得られたものにたいして乳房温存療法を行うということもなされるようになってきている。

“外科療法の現況と展望 乳房温存療法 中村 清吾
聖路加国際病院乳腺外科
(2010年6月1日より昭和大学乳腺外科教授)“ 
外科  vol.71 No.11 2009 南江堂 より抜粋引用

抗がん剤治療によって、乳がんがどんどんどんどん小さくなっていくこと。

それへは決して珍しいことではありません。 

ですが、最終的にがん細胞が消失しているのかどうかを調べるのは手術になります。

ですから標準治療としては、乳がんがどんなに小さくなっても手術はしなければいけません。

また新しい1週間が始まります。

今日はとっても長い一日でしたが、明日に疲れは残せません。

緊急睡眠をとります。

緊急睡眠ですから、ちょっと寝るだけ!

です。

浅く、短く、一瞬で休みます。

そしたらまた元気がみなぎってきます。

一種の特技ですね!

それではまたあとでお会いしましょうね!

でも、お電話が鳴れば、
そのまま、また新しい一週間がその時点から始まるんだね!
さあ、急いで寝られる時に寝るんだ!
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

緩和ケアも緊急対応が必要な領域さ。
どんな時必要なのかな?
kanwa-care.com banar.png
Twitter入り口はこちらだよ。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ