どうぞ、御一緒に!

医師補助師はPhysician Assistant(PA)

そのカリキュラムは、

24~34ヶ月の間プログラムが続きます。

第一段階では、

解剖からはじまり、

身体所見の取り方、診断の付け方

第二段階では、

内科的な知識、救急医療の知識、外科の知識

第三段階としては、

がん治療学や、感染症などを学びます。

2010年6月17日 東海大学における上野直人先生(MDアンダーソンがんセンター教授)の御講演より抜粋引用

医師の医学部教育期間の半分で、

PAの資格を取得することができます。

でも、短期間で医師と対等に話し合うためには、

この約3年間の修行に耐えなければいけません。

とても有意義な資格ですよね。

かなりお暑いですね。

そんな中、涼しい顔をして、スーツをびしっときている奇特な方がいらっしゃいます。

はい。私です。

皆様が私をみて、「たるんどる!というお話にならないように、

いつもきっちりするようにしています。

それが病気と、そしてご不安と闘っている皆様への私の誠意だと思っています。

今日は未明から頑張りすぎて、かなり眠い感じになっています。

少し休みますね。

でも今休むと、きっとまた未明に目が覚めてしまいます。

明日は、以前決心したことを形にするときです。

もしうまくいったらご報告します。

気合いが必要なことなので、もう寝なきゃ!

それではおやすみなさい。

「こんなときはみんなも一緒に寝ようね!
それもまた一体感があって良いね!
じゃあ、23時ちょうどにベッドに入るからね!」
「っで、朝は3時におきればいんでしょ?O.K.!」
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

緩和ケアには休みなし!
kanwa-care.com banar.png
twitterでお休み!の挨拶を!yasuuのIDはDrYasuu
Twitterボタン
Twitterブログパーツ