さあ、基本からまたやるから、がんばってついてきてね!

<乳がんの疾患概念>

19世紀後半から近代医学的手法を用いた乳がん治療が開始された。

当時は、乳がんは局所疾患(local disease)と考えられていたため、

原発病巣およびその周辺を広く切除することが、治療達成のためには

必要と考えられていた。

その後も長きにわたり、

乳房、両胸筋(大胸筋と小胸筋;yasuu注釈)、腋窩リンパ節、神経を含む軟部組織を一塊として切除する術式が、

「定型的乳房切除術」とされた。

1970年代以降、様々な研究結果から、

乳がんの多くは、診断時にはすでに遠隔転移を伴っているが、

いかなる手段を用いても検出し得ないため、

「微小転移(micrometastasis)」という概念が定着し、

乳がんは全身疾患(systemic disease)であると考えられるようになった。

局所疾患か、全身疾患か、

現実の乳がん患者のありようは、この両極のあいだに連続的に分布すると考えられている。

微小転移は、時間の経過とともに分裂、増殖し、

臨床的に検知しうる遠隔転移病巣を形成する。

また、局所治療ののち、局所、領域に残存するがん細胞の分裂、増殖の結果

局所再発病巣を形成する。

”乳がん診療ガイドライン2010 薬物療法” より抜粋引用

本当の基本に帰りました。

最近は、根本的なご質問もお見受けしますので原点に帰ります。

誰もが乳がんのことを知る必要があります。

男性であろうと、女性であろうと。

ご自分のために、ご友人のために、

愛する人のために、患者様のために。

どうか、いっぱい勉強してください。

知識は身を助けます。

無知は身を滅ぼします。

毎日少しずつ少しずつでよいので、御一緒にがんばっていきましょう。

今、大雨が降ってきました。

救急外来も雲行きが怪しいです。

今日は緊急手術の香りがぷんぷんします。

ほらね。

今、電話がかかってきましたよ。

じゃあ、行ってくるね。

「あっ、その前にお昼買っておいたおにぎり食べよ!
もうちょっと休んでから、がんばるからね!
なんていって一瞬でもリラックスすることが大事なのさ。」
「いいから、言い訳しないで早くいきなさーい!」
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

緩和ケアチームのページ、Macだと文字化け?
kanwa-care.com banar.png
スタッフからyasuuのtwitterは、
英語だからつまんないって言われた!
もうちょっと日本語まぶす。
yasuuのIDはDrYasuu
Twitterボタン
Twitterブログパーツ