今日は

肥満と閉経後乳がんについて

考えていきましょう。


閉経後女性では

肥満が

乳癌発症リスクを

増加させることは

確実である。

エビデンスグレード

確実

2014年に

日本人を対象とした

解析の結果が

報告された。

閉経後女性において

BMIの増加は

乳癌発症リスクの増加と

有意に

関連していた。

閉経後のBMI(Body Mass Index)は

24以上29未満で

ハザード比 1.50

(95%CI:1.09-2.08)

29以上で

ハザード比 2.13

(95%CI:1.09-4.16)

であった。

閉経後の肥満は

BMI上昇に伴い

直線的に

乳癌発症リスクを

上昇させる。


ひとつの結果が

ある集団で

起こる割合を1とします。

別の

特徴を持った集団で

同じ結果が起こる割合を

数値で表したものが

ハザード比。

例えば

がんの患者様の場合には

抗がん剤治療など

有効な治療を

受けた集団では

1より数字が下がります。

1より

数字が高い場合には

危険性が

高まっているという

結論になります。

今回の場合

肥満の指標である

BMIが増加するほど

乳がんになる危険性が

増加することが

ハザード比で

確認できました。

1.5であれば

50%増加したということ。

2.0であれば

100%増加した、

すなわち

2倍の結果になったと

いうことです。

体型を

維持することは

見た目にも

大切ですし

健康面でも

大切なのですね。

なかなか

耳の痛いお話が

続きます。

食べ過ぎず、

飲み過ぎず、

普通に過ごすことが

一番

安全と言えます。

考えてみれば

当然と言えば当然の

お話に

落ち着いてしまいますね(*^_^*)

明日は

身長について

考えていきましょう。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan