がんの患者様とともに過ごしている御家族にもそれぞれの思いがあります。

<ご質問>
腫瘍マーカーは本当に有用か?
<お答え>
腫瘍マーカーは、乳がん手術後の再発をチェックする目的にはあまり役に立ちません。
腫瘍マーカーは100%正確にがんの再発を示しているわけではなく、腫瘍マーカーの数値が高くなっても必ずしもがんが再発したとは言えません。
一方、腫瘍マーカーの上昇がなくても再発している場合もあります。
従って、腫瘍マーカーの役割はあくまでも補助的なものです。
また、腫瘍マーカーは早期の乳がんで上昇することは少なく、乳がん検診としての目的にも役に立ちません。
治療後の経過観察中に腫瘍マーカーを測定し、数値が上昇していた場合は、1~3ヶ月後に再度検査をして慎重に経過を観察するとともに、他の検査も併せておこない転移がないかを探します。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

このように、腫瘍マーカーはあくまでも目安です。
ただし、始めに数値が高かった方は、治療により変動があるかどうかをチェックします。
通常は、手術などの治療とともに高かった数値が下降してきます。
この上昇、下降を私たちはグラフにしてチェックしています。
何回かチェックしていくなかで、グラフの上昇曲線が明らかであれば再発を疑います。
一度上昇して下降することもあります。
ですから、数値に一喜一憂はしないでくださいね。
がん患者様を囲む御家族はみんなどきどきしています。
いつ再発するのか、いつ元気がなくなってしまうのか。
患者様御本人と同じく不安を抱えていらっしゃいます。
あまりにも不安で御家族同士で口論になってしまったり、
雰囲気が悪くなってしまうことがあります。
みんなの気持ちは一つのはずです。
「元気になってもらいたい。」
みんなそう思っているのです。
ですから、
特定の誰かを責めたり、
必要以上に口論をしたり、
しないでくださいね。
患者様御本人が一番悲しくなってしまいます。
もし御家族の方が、そういった状況で苦しんでいらっしゃるとしたら、
それを私たちにお伝えください。
御一緒に良い関係に戻れますようにお手伝いいたしますからね。
御家族の方も、一人一人が抱え込んで悩んでしまわないようにしましょうね。
でも・・・。
なかなか人には言えないんだよね (T_T)
だけど頑張って相談してみるね!!
ってクリックをお願いできますか?
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ