ひとつだけ夢がかなうとしたら・・。

―HER2 陰性乳がんに対する治療戦略
HER2陰性乳がんは、
比較的予後良好なluminal乳がん、
予後不良なトリプルネガティブ乳がん、
に分かれる。
トリプルネガティブ乳がんに対しては、
アンスラサイクリン、タキサンの治療では限界があるので、
イキサベピロン、アルブミン結合型パクリタキセル、プラチナ系薬剤などの
抗がん剤の他、
ベバシズマブ、アキシチニブ、スニチニブなどの血管新生抑制剤、
ダサチニブなどのsrc阻害薬、PARP1阻害薬などが試みられている。
Luminal 乳がんに対しては、
タモキシフェン、アロマターゼ阻害薬が標準治療であるが、
選択的ERアンタゴニストであるフルベストラントも有効である。
さらにステロイドサルファターゼ阻害薬が研究されている。
今後乳がんのサブタイプ別に治療の開発が必要である。
“これからの乳癌診療 2009-2010“ 監修:園尾博司先生 金原出版より抜粋引用

トリプルネガティブ乳がん。
どんな手段を使っても勝ちたい。
そう思います。
予後不良なんて情報。
インターネット上にあふれています。
もう聞きたくありません。
トリプルネガティブ乳がん。
いつかきっと解決出来る日がくるはずです。
あなたのために間に合うように、
研究者の皆さまにもがんばって欲しい。
私たちは、日々出来ることをやっていきます。
患者様を支え、
御家族を支え、
病気に勝つためのお手伝いをさせていただきます。
今はそっと涙をふいて、
輝ける未来を目指して歩き出しましょう。
わたしは、あなたを絶対にひとりぼっちにはさせないから。
ほんと、
「病気がこの世から無くなればいいのに」って思うよね!
ってクリックをお願いできますか?
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ