今日は

閉経年齢と乳がんの

関係性について

お伝えいたします。


遅い閉経年齢は

乳癌発症リスクを

増加させることは

ほぼ確実である。

エビデンスグレード

ほぼ確実

1993年にKelseyが

おこなった

詳細なレビューにおいて

遅い閉経年齢は

乳癌の発症リスク

増加因子であり

閉経年齢が5年遅くなると

乳癌発症リスクが

およそ17パーセント

増加すると

述べられている。

2012年に報告された

欧米のメタアナリシスでは

閉経年齢が一年

遅れるごとに

2.9パーセントずつ

乳癌発症リスクが

増加すると

されている。

日本人に関しては

必ずしも結論は一致しないが

大規模なコホート研究の

メタアナリシスの結果を

優先すれば

遅い閉経が

乳癌発症リスクを

増加させることは

ほぼ確実である。


欧米と日本の

データの違いが

見られることは

多々あるのですね。

どうしても

ひとは

自分に有利な情報だけ

信じてしまいます。

これらのデータを

どのように

受け止めていくか。

どれが大事です(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan