真実は一体どこに隠れているのか。

<Luminal乳がん  その3>
Luminal乳がんは化学療法の近接効果(腫瘍縮小効果など;yasuu注釈)に乏しい。
術前化学療法による病理学的効果が低い。
しかし、ホルモンレセプター陽性乳がん長期の予後改善については、
メタアナリシスで証明されている。
しかし、HER2発現状況を同時に評価したうえでの、
長期予後の解析は少ない。
再発は、
分化したがん細胞ではなく、
未分化な細胞から生じる。
Luminal乳がんのほとんどの細胞が分化型のがん細胞であっても、
一部の腫瘍源性細胞(増殖能力を持つ細胞;yasuu注釈)に対して治療が有効であれば、
再発を減らすことができる。
分化型乳がんに化学療法が効果無くとも、
必ずしも化学療法がすべて否定されたわけではない。
“これからの乳癌診療 2009-2010“ 監修:園尾博司先生 金原出版より抜粋引用

む。むずかしいでしょ?
でもすごいことが書いてあるんですよ。
細胞分裂のスピードが速い細胞だけを抑えこむことができれば、
がんの再発を防ぐことができる。
といった内容ですからね。
短期間で腫瘍がみるみる小さくなっていくことは、
患者様には、とても嬉しいことです。
でも、あきらかに小さくなる気配がなくても、
心配しなくていいよ、
って今日のお話は教えてくれています。
毎日のように医療ミスや医療訴訟の話が、
マスコミに取り上げられています。
「医者よくやった。」
「看護師でかした。」
「病院スタッフえらい!」
といったお話を見かけることはまずありません。
医療訴訟は、
病院側の一方的な高圧的な態度が原因であることも、
多々あると思います。
患者様、御家族様のお話を良くお聞きし、
至らなかった点、
納得できないことなどを、
何度も何度もお伺いするところに、
解決の糸口があるような気がします。
今、久しぶりに東野圭吾さんを読んでいます。
“使命と魂のリミット“


何と医療ミスに関連したお話です。
東野圭吾さんにかかると、
医療ミスはどのようなお話になるのでしょうか。
まだ読み始めたところです。
決して私より先に読み終わってはいけませんよ。
お願いします。
そう言われると、先に読みたくなっちゃうんだよね。
急いで本屋さんに行かなくっちゃね (^^)/
嫌なことがあったら本を読んだり上手な気分転換も大切だね!
ってクリックをお願いできますか?
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ