はじめての

お子様を

いくつの時に

授かったか。

それも

ひとつの

分かれ道に

なるようです。


初産年齢が

低い女性ほど

乳癌発症リスクが

減少し

初産年齢が高い女性では

乳癌発症リスクが

増加することは

確実である。

エビデンスグレード

確実

初産年齢については

低いほど

乳癌発症リスクは減少し

その一方

30歳以上で

初産を迎えた女性は

未経産女性と比較して

乳癌発症リスクは

増加する。

出産経験および

初産年齢は

主に

ホルモン受容体

陽性乳癌の

発症リスクに

関連している

可能性が

示唆されている。


はじめての

お子様は

早いほうが

良いようです。

でも

これも

すべて

出会いが

決めることですものね。

自分の

大切な人生の分岐点を

焦って

決めては

いけません。

あなたの道を

あなたらしく

歩いて行けば

良いのです(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan