よく分かりましたね Docomo_kao14

―乳がん診療におけるFDG-PET(PET/CT)―
FDG-PET検査とはブドウ糖のアナログである
Fluorine-18 2-deoxy-2-fluoro-D-glucose(FDG)
を用いて体内の糖代謝変化をpositron emission tomography(PET)装置により
画像化する手法であり、腫瘍診断領域で広く普及してきている。
乳がん診断においてもFDG-PET検査は治療前のステージングに有用性が指摘され、
治療効果判定、再発診断にも試みられている。
一方乳がんの早期診断にはマンモグラフィーと超音波による診断学が確率されており、
超音波ガイド下の細胞診や針生検で小さな乳がんでも正確に診断されるようになった。
“これからの乳癌診療 2009-2010“ 監修:園尾博司先生 金原出版より抜粋引用

もっともっと皆さまが快適にこちらを滞在できますように。
美しさをテーマにしたデザインをみつけました。
素敵なセンスを持ったデザイナーさんですね。
コスモスの花言葉は、
“調和”
“美しさ”
“真心”
です。
皆さまの“美しさ”を守るため、
“真心”をこめて、
“調和”の取れた医療を提供いたします。
そんな思いで、こんなページにしました。
いかがですか?
応援クリックをよろしくお願いします。blog ranking