さあ、夜の回診の始まりです!月

―乳がん診療におけるFDG-PET(PET/CT) その3―
PET/CTはこうした欠点を補う目的で開発された。従来のPETとCT装置を一つのガントリに収め、同じ寝台で検査する事により位置ずれのない画像を得られるようになった。これによりFDGの集積部位の正確な解剖学的位置や形態的な情報を把握できるようになり、さらにPET画像の吸収補正にCTのtransmission scanを用いることで、検査時間の短縮、画像の向上といった利点も加わった。
“これからの乳癌診療 2009-2010“ 監修:園尾博司先生 金原出版より抜粋引用

PET/CTは通常のPETと比較してその診断能力は格段に優れています。特に、乳がんや大腸がん術後の患者様の再発の診断に有用です。昨日申し上げたように最終的には、他の検査も同時期におこなって最終診断をおこなう必要があります。

最近わたくしは4時30分起床が当たり前になっております。そして毎日7時に患者様40人を回診しています。私は緩和ケアチームのリーダーをさせていただいていますので、外科の全患者様の不安なお気持ちを見つけ出そうと思っているのです。ですから、主治医が誰であろうと関係なく私はお一人お一人と交流を深めていきます。

こちらのブログでは、日本中そして世界中の日本女性のお気持ちに不安がないかを回診させていただいています。こちらの回診は夜9時頃からはじまります。

何かお困りのことがございましたら何でもおっしゃってくださいね。

今日もクリックたくさんありがとうございますニコッ

blog ranking