非常に勝手ながら・・・ ポッ

―乳がん診療におけるFDG-PET(PET/CT) その4―
PET単独でのスクリーニング検査での原発巣の検出は、文献によると感度83~93%、特異度75~86%、正診率83~90%との報告がある。実際の診断では視覚的評価とともにstandardized uptake value(SUV)による半定量的な指標を用いる。一般にSUVで2.0~2.5以上を悪性と判定することが多い。しかし、急速増大を示す増殖能の強い線維腺腫などの良性腫瘍や腫瘤を形成する炎症性病変(肉芽腫性乳腺炎など)でも高集積がみられることがあり、偽陽性となりうる。
“これからの乳癌診療 2009-2010“ 監修:園尾博司先生 金原出版より抜粋引用

いつもご訪問どうもありがとうございます。気づけばブログを開始してから2年が経過し、記事数も昨日の時点で795件となり、もうすぐ800件に到達します。皆さまのご不安が少しでも解決できるようにと、ブログを更新してまいりました。ここで一度皆さまのご意見やご感想をお伺いさせていただきたく、アンケートを作成いたしました。
大変ご面倒をおかけいたしますが、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
作り慣れない者が作成したアンケートですので、お答えにくいかもしれません。お許しくださいませ。
しょうがないわね。ちょっとだけ協力させてもらうわ。
でもちょっと質問多くなーい?
ってクリックをお願いいたします。
blog ranking

アンケートはこちら 
PC版 https://qooker.jp/Q/ja/smileagain/nyuusen/
携帯版 https://qooker.jp/Q/mobile/ja/smileagain/nyuusen/