最近はカーナビが普及しているので地図をみることはめっきり少なくなりました。

どこか知らない土地に旅に出る場合には、ガイドブックや地図などからいろいろな情報を集め、予定を立ててから出かけられることでしょう。
これから乳がんの治療を受けられる方、現在治療中の方も、このガイドラインからいろいろな情報を集め分かる範囲で結構ですので自分なりに病気のことを学んでみることをお勧めします。
そうすることで、担当医と相談した内容がより理解でき、さらに納得した上で治療法を決めることができると思います。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

考えてみれば、道路を覚えようという気持ちが近頃消えてきていますよね。
何でもカーナビの言いなり。
「さすがにそれはおかしいでしょ。」
という案内には反抗してみたりしますが、通常は言われた通りに運転します。
言われたことを、自分では深く考えずに従ってしまう。
そういう人ばかりになってしまうのでしょうか。
極論ですよね。
考えすぎかな?
でも、たまには地図をみながら、自分で迷ったり、回り道をしながら、目的地に向かって自分の力で着実に歩いていくことが大事なのかもしれませんね。
そうだ。旅に出よう!
こらー!
どこかのキャッチコピーを真似してはいけませんよ。
って、クリックをお願いできますか。
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ