人は誰もが、小さな決断を毎日たくさんおこなっています。

<ご質問>
乳がんの転移はいつおこるのですか?
<お答え>
乳がんは骨、肺、肝臓、脳などに転移することがあります。
このような転移がいつ起きるのか、という問題に対する最近の研究によれば、乳がんがしこりとしてみつかるだいぶ以前から、すでに微小転移の形で転移の種が存在すると考えられています。
微小転移はしばしばタンポポの種に例えられます。
タンポポの種は、風に吹かれて遠くの土地まで飛んでいき、発芽に適した場所で芽をだしますが、芽をだして花を咲かせるまで見つけることはできません。
それと同じように乳がんと診断された時点ですでに、微小転移が存在する場合があります。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

“決断“
というとかなり大がかりなものを想像します。
しかし私たちは毎日、
「朝6時に起きよう。」
「朝ご飯は我慢しよう。」
「職場に着く前におうどんを食べよう。」
「お昼はおにぎりで我慢しよう。」
「夕食は山盛りお肉を食べたいけれど、小盛りで我慢しよう。」
「もう眠いけれど、ブログを更新しよう。」
毎日毎日みんなが決断をしています。
乳がんの治療も“決断”の積み重ねです。
少しずつ少しずつ出来ることから決断していきましょう。
大きな決断は後回しで大丈夫。
納得できないときは立ち止まって考えて大丈夫。
焦らずじっくりと“決断”していってください。
それがあなたの輝かしい決断につながっていきますからね。
いいね。
でも先ほどの決断はすべてひょっとして、まさかyasuuの・・・・(^_^;)
って、クリックをお願いできますか。
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ