ちょっと気になることがあります。

<ご質問>
乳がんの治療は大至急しなければいけないの?
<お答え>
最適な治療方針を決めるためには、正しい診断が不可欠です。
乳がんかどうかという診断だけではなく、
非浸潤がんなのか、浸潤がんなのか、
ホルモン受容体やHER2タンパクは陽性か、
グレードはどうか、
腋窩リンパ節転移はあるのか、
などを診断することが重要です。
乳がんと診断されたとき、
大至急手術をしないと全身に広がってしまうのではないか、
という心配は無用です。
大事なことは、最も適した初期治療を落ち着いて選択することなのです。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

人の心の中には天使と悪魔がいます。
天使のように優しくてきれいな、そして強い心の部分と、
悪魔のささやきに屈する弱い心の部分。
いつもそれらが闘っています。
今の状況がつらくてたまらないある日。
天使「今は頑張らなきゃダメだよ。」
悪魔「もう頑張らずに楽になっちゃえよ!」
天使「ダメだよ。君はそんなに弱虫じゃ無いはずだよ。」
悪魔「良いんだよ。無理しなくて。もっと楽な方法があるぜ。」
天使「悪魔の誘いに乗ってはいけないよ。もっとつらい事がおきるよ。」
悪魔に身を委ねた瞬間、気持ちがとっても楽になることでしょう。
一種の快楽も感じるかもしれません。
でも本当の苦しみがやがて襲ってくるかもしれません。
今の環境がつらくて他の楽な道を選んでしまうことは、
人は時々あります。
ただ果たして本当にそれでよいのかどうか。
後悔することはないのか。
日々深く物事を考えながら過ごすことはとても大切です。
ただし、戻れない道はありません。
戻りたいときはいつでも考えなおして戻っていけばいいのです。
「今日は意味不明な内容だね。
でも、何かを感じていただければいいと思います。」
って、yasuuが申しておりますのでクリックをお願いできますか。
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ