ついつい人は悪い方向に物事を考えてしまいますよね。

<ご質問>
落ち込まないためにはどうしたらいいの?
<お答え>
気分の落ち込みや不安を予防するために、アメリカでがん患者さん向けに作成されたガイドラインがあります。
日本の事情を加味してアレンジしたものを以下にお示しいたします。
1.「がん=死」ではありませんので、そのように思いこむのはやめましょう。完治は難しい状態であっても、長い間お元気に過ごしている人はたくさんいます。
2.がんは細胞増殖の仕組みが壊れたためにおこったものですが、なぜある人にそれが起きたのかは、誰にも分かりません。従って、自分のせいでがんになったと思わないようにしましょう。
3.気分を落ち着かせるために、過去に助けになった方法があれば、それを試してみましょう。
4.過去につらい状況から救ってくれたような対処法があれば、それを使ってみましょう。
5.いつも前向きな考え方ができないからといって、自分を責めないようにしましょう。
“患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2009年版” 日本乳癌学会編
金原出版株式会社 より抜粋引用

明日も続きをお伝えします。
何か、ひとつの道を究めた人は精神的にも強いものですよね。
それは、自分ががんばってきた経験を自信につなげているからです。
「頑張れば結果が出せるんだ。」
そうやって自分を信じる気持ちがとても強いから、何に取り組んでもうまくいくのです。
例え結果が出なくても、今を頑張り続けること。
そうして歯をくいしばった経験も自信につながります。
結果なんか出せなくても大丈夫。
頑張り続けて結果を出せなかった経験が、今度はハングリー精神につながり、
もっともっと自分を強くします。
そう。
今のあなたの頑張りが、夢の実現に必ず結びつきます。
そして、あなたの頑張っている姿を、必ず誰かが見ています。
だから・・・、
あきらめないで、明日も歩き続けてね。
おなかすいたね。
おなかすくと元気が出ないから、
今日はたっぷりお肉をたべよう!
「えー!お肉ばっかりじゃ体に悪いよ。でもお肉って元気が出るよね!」
ってクリックをお願いできますか?(治療中で食欲ない方、ごめんなさい。by yasuu)
blog ranking
より多くの方に乳がんについて知って欲しいからこちらもクリックお願いできますか。
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ