ストレスを

ため込んではいけない。

ストレスが

様々な病気を

引き起こす。

毎日

こんな言葉が

私たちの耳に

入ってきます。

それでは

ストレスと乳がん

について

考えていきましょう。


以前より

乳癌の発症には

身体的要因

のみならず

心理社会的要因が

関与していると

考えられてきた。

1996年から

2012年12月までに

ストレスに関する文献は

5件ある。

うち3件においては

ストレスは

乳癌発症リスクを

増加させないという

結果であった。

スウェーデンの一件では

ストレスを経験

していた女性は

経験して

いなかった女性に

比べ

約2倍の

乳癌発症リスク増加を

示していた。

デンマークの一件では

自覚的ストレスレベルの

高い女性は

ストレスレベルの

低い女性と比較して

乳癌発症リスクは

低いことを示した。

ストレスと

乳癌発症リスクとの

関連性については

結論付けることが

できない。

エビデンスグレード

証拠不十分


ストレスは

やはり

ため込まない方が

良いのでしょうが

なかなか

ストレスのあるなしを

評価することも

難しいですよね。

あなたも

「ストレスはある?」

と聞かれても

答えに

お困りになるのでは

ありませんか?

ストレスを

感じる時もあるけれど

しあわせを

感じるときも

いっぱいある。

ってね。

きちんと

研究して

結果を出すことの

難しさを

感じますね。

今日もあなたが

ストレスのない

しあわせいっぱいの

1日を

送ることが

できますように(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan