意外な

検討もなされています。

卵巣嚢腫がある方に

乳がんが少ないという

報告について

確認していきましょう。


卵巣嚢腫は

乳癌発症リスクの減少に

関連する可能性がある。

エビデンスグレード

可能性あり

子宮筋腫と乳癌の

関連性の研究論文は

検索範囲内には

確認されなかった。

卵巣嚢腫症例では

乳癌発症リスクの減少と

関連が認められるという

複数の報告がある。

詳細な機序は

明らかではないが

卵巣嚢腫に対して

卵巣摘出をおこなうことが

乳癌発症リスクの減少に

関与していると

示唆する報告もある。


なるほど。

物事には

すべて理由があると

いうことですね。

どのような背景で

研究がなされているのか。

どのような

患者様に対して

研究がなされているのか。

導き出された結果から

私たちは

何を学びとればよいのか。

そこまで考えて

様々なデータや意見を

見ていくことが

大切ですね。

でも、

卵巣嚢腫があるから

大丈夫、

ということでは

ありません。

婦人科検診も

乳がん検診も

定期的におこなって

安全確認を

お願いいたします(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan