日曜日を皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は神奈川は晴れ渡っております。
でも風が強いかな?

「術前検査で臨床的にリンパ節転移を認めない症例において、腋窩(えきか)リンパ節の扱いをどうするべきか。
腋窩転移のないものに予防的腋窩郭清は無意味である。
そこで、臨床的にリンパ節転移陰性の症例のなかからn 0(顕微鏡でもリンパ節転移なし;yasuu注釈)例を選別するために登場したのが、センチネルリンパ節生検である。
これはすでに手技的にはほぼ確立されており、日常診療にも利用され始めている。
センチネルリンパ節生検で陰性の場合はそれ以上の腋窩操作は行わない。
後日精査でセンチネルリンパ節が陽性と判明すればその時点で再手術を考慮する。
<腋窩郭清をどうするか 小山博記先生 (大阪府立成人病センター)>
“乳腺外科の要点と盲点” 幕内 雅敏先生監修 霞 富士雄先生編集より抜粋引用」

またまた楽しい本を見つけました。
あの日にドライブ  荻原 浩 著です。
荻原さんの御本はやや現実離れしているような夢の世界に引き込んでくれます。
それでいて専門職の裏の話を詳細に盛り込んでくれていて、いつもわくわくしてしまいます。
今回はタクシー運転手さんのお話です。
銀行をリストラされてタクシー運転手になった主人公マッキーが、過去の思い出の土地を訪れながら、自分の人生を振り返りこっちの人生だったら、あっちの人生だったらと、様々な妄想の世界を旅します。
そして今までの自分の選んだ道についてひとつひとつ検討した結果、彼の選んだ道は・・・。
皆さんもいろいろな出来事があり、様々な選択を今までされてきていると思います。
とっても楽しい本ですので皆様も「あそこでこうしていたら」、と様々な妄想にふけってみてはいかがですか。
↓そうだね。たまには現実を忘れて妄想の世界も楽しいかもね!!とブログランキングのクリックをお願いできますか。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking