少し難しい内容が続いていますか。
でも乳房温存について少しお分かりになってきたのなら嬉しいです。
今日は少し力を抜いていきましょう。

「乳房温存手術の選択
乳房温存は乳がんを適当に切除する術式ではない。
術前の画像診断により、乳がんの広がりを正確に把握し、乳がんの占有領域を必要十分の乳腺組織と共に切除する術式である。
そのためには、乳房撮影、超音波検査、MRI(あるいは高解像度CT)による乳がんの乳管内進展の評価のみならず、画像診断および細胞診・組織診断による乳がんの組織型から推察される乳管内進展の予測が不可欠である。
<温存手術の分類 黒木祥司先生 (九州大学大学院臨床・腫瘍外科)>
“乳腺外科の要点と盲点” 幕内 雅敏先生監修 霞 富士雄先生編集より抜粋引用」

「もうすぐゴールデンウィークが終わっちゃうよー。」
そう言って泣いてるあなた。
少しずつ気持ちも生活リズムも元に戻していきましょうね。
いきなり元通りの生活に一気に戻そうとすると、適応障害になってお仕事や学校に行けなくなってしまいますよ。
何でもいきなりはいけません。
いきなり全力疾走するとアキレス腱切れちゃうし、
いきなり車を急加速するとタイヤすりへっちゃうし危ないし、
いきなり勉強して一夜漬けしてもすぐにわすれちゃうしテストに寝坊しちゃうし・・・。
今、なんとなく大学生のころの苦い思い出がよみがえってきました。
これはちょっと恥ずかしすぎて・・・言えないかも。
またの機会にね (^^)/
↓えー、隠してもお話の流れからばればれですよ!!とブログランキングのクリックをお願いできますか。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking