スニチニブの効果に関するヒントです。

「スニチニブの乳がんにおける有用性も確認されている。
アンスラサイクリン、タキサン系薬剤耐性の転移性乳がん64例を対象に、スニチニブ50mg/dayを4週間連日経口投与し、2週間休薬をおこなった結果、
PR(部分奏効): 11%
Long SD(長期間安定): 5%
の結果であった。
これら奏効例は、
いわゆるtriple negative症例
もしくは
ハーセプチン既治療例であり、
今後の乳がん治療の新しい可能性を示している。
本試験では、
1サイクル以上の投与中止が52%、
減量が39%に、
有害事象による投与量の調整が56%に認められた。
主な有害事象は、
倦怠感、
悪心、
下痢、
粘膜炎症、
食欲不振
などがあげられるが、
どれも支持療法、もしくは投与量の調整によってコントロール可能であったと報告されている。
“乳癌治療薬” 熊本市立熊本市民病院 診療部長 西村 令喜先生
医薬ジャーナル vol.45.S-1, 2009/p 362 より抜粋引用」

また今度試験があるんです。
毎年何らかの試験を受けています。
もう大人なんだから、いつまでもお受験させないでほしいですよね (^o^)
でも何にも試練を受けない医師よりも、
敢えて試練に挑戦している医師の方を、
患者様は信頼してくださると信じております。
それでは、
今から夕方の外来に行って・・
その後は緊急手術に参加して・・
それから皆様へお返事して・・
今週締め切りの学会発表の抄録を作成して・・・
あー、それからやっと試験勉強ですね!
うん、この分だと今日はお勉強は無理みたいですね (^_^)v
↓まー、あきらめずにがんばって勉強しなさいね!!と、応援クリックをお願いできますか。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking