さて、ベバシズマブも本日で一段落です。

「ベバシズマブの安全性に関して、特に大腸がんにおける消化管穿孔や肺がんにおける喀血などの重篤な副作用の発現は乳がんにおいてまれである。
従って、他の癌腫に比べてベバシズマブは乳がんにおいて忍容性が高いことが特徴的である。
今後多くのベバシズマブの臨床試験の成績が報告されることにより、最適な投与方法、投与量、投与期間、併用薬剤および安全性などがより明らかになることを期待する。
“乳癌治療薬” 熊本市立熊本市民病院 診療部長 西村 令喜先生
医薬ジャーナル vol.45.S-1, 2009/p 362 より抜粋引用」

一番重要なことは、最新薬が最良薬なのかどうかをきちんと見極めること。
もちろん、たくさんの選択肢が広がることは患者様にとって素敵なことです。
でも、選択肢が広がりすぎて、一体どうしたら良いのか分からなくなってしまうこともあります。
私たち医師も、皆様に24時間をささげてご奉仕できたらと思いますが、やはり限界もあります。
ですから、少しでも確かな情報を可能な限り皆様に提供できたらいいなと考えています。
また、明日から新たな一週間のはじまりです。
皆様にとって、良い一週間となりますように・・。
↓日曜日の夜って、何となくさみしい感じがするよね!不思議だね!?と、応援クリックをお願いできますか。 クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking