今日は新しいホルモン治療薬、フルベストラントについてのお話です。
なかなか普段耳にすることのないフルベストラント。
ちょっと情報をのぞいてみましょう。
まずは、前振りのお話からです。

「タモキシフェン(TAM)はER(estrogen receptor ; エストロゲン受容体)を阻害する薬剤として、ホルモン感受性陽性乳がんにたいする“Gold Standard”として広く使用されてきた。
しかし、このタモキシフェン(TAM)に代表される抗エストロゲン剤は、臓器によってはエストロゲン作用を併せ持つことから、
selective estrogen receptor modulator (SERM)
と呼ばれ、
骨・脂質代謝には好影響を及ぼす一方、
子宮内膜癌のリスクを上昇させるなど副作用の原因にもなる。
また、タモキシフェン(TAM)耐性乳がんの中には、逆にTAMのエストロゲン作用により増殖が促進されるタイプのものが存在することが知られている。
“乳癌治療薬” 熊本市立熊本市民病院 診療部長 西村 令喜先生
医薬ジャーナル vol.45.S-1, 2009/p 362 より抜粋引用」

少しずつ読み進めていきましょうね。
今日の診療もまもなく終了です。
本日も、悩みを抱えた方がたくさん外来においでになりました。
誰もが多かれ少なかれ悩みをもって暮らしていることと思います。
それを一つでも解決していくお役に立つことができれば良いなと思っています。
ですから、本当に些細なことでも遠慮せずに外来でもお聞きくださって結構ですからね。
胸に関することや、胃や大腸、胆嚢などに関することでも結構です。
知識が足りない時にはお時間をいただくことももちろんございますが・・。
ひとりで抱え込んで苦しんでいてはダメ!ですよ!!
↓ところで、試験勉強があるって言ってたような気がするけど、やってるの!?(答え:うー・・イタタタ・・ (^_^;) )と、応援クリックをお願いできますか。 クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking