昨日、乳腺外科医と形成外科医の乳房再建に関する合同討論会が開催されました。
今日は、その御報告の2日目です。
参加人数200人でしかも、大学病院の乳腺外科の教授もたくさん参加されていました。
みんな患者様の幸せのために真剣にディスカッションしていましたよ!!
ナグモクリニックのなぐも先生からは以下のようなお話がありました。
「まだインプラント(シリコン)が保険適応になる日がいつかは分かりません。
ただ、いつかは保険適応になる日が来ると思います。
そのときはおそらく形成外科医のみならず、乳腺外科医たちもシリコンを入れるようになっていくと思います。
その日のためにも、乳腺外科医は学会でカリキュラムを組むなどして勉強しておくべきだと考えます。
今の時点で確実に言えることは、無理な温存手術は大きな変形につながってしまうので、できるだけ控えてほしい、ということです。」
日々、乳がんの治療も進歩していきます。
いかに元通りの体のまま、病気と闘っていくか。
とっても大事なことだと思います。
明日は、再建の前後の化学療法と放射線療法です。
↓本日もブログランキングのクリックをよろしくお願いいたします。クリックで一人でも多くの方を乳がんから救ってまいりましょう。みなさま、いつも応援ありがとうございます。深く感謝申し上げます。
blog ranking