乳房再建について、少しなぐも先生の書物からの引用を記載させていただきます。
今日は、乳房再建の基本項目からお伝えします。

「乳がんで失われたバストを取り戻す手術を乳房再建といいます。
再建には2つの方法があります。
自分の組織を使用する筋皮弁法とインプラント法です。
筋皮弁法には背筋を使う方法と腹筋を使う方法があります。
インプラント法にも単純に挿入する方法と皮膚を引き延ばしてから挿入する方法があります。
挿入するインプラントにも生理食塩水を入れるものやシリコンジェル、ハイドロジェルが入ったものがあります。
再建する時期にも乳腺全摘術と同時に再建する場合と、あとで二期的に再建する場合があります。
全摘術にも通常の胸筋温存乳房全摘術もあれば、乳頭・乳輪を残す皮下乳腺全摘術があります。
どの方法をいつ受けるか決めるだけで一苦労です。
乳ガン110番 南雲吉則先生他 日刊工業新聞社より引用」

みなさん、メリークリスマス!!
ついに、この日がやってまいりました。
今日は「みんなおうちでクリスマスのパーティーをしてきていいよ」って言って入院中の患者さんもどんどん外泊していただきました。
患者様が病気と闘うためには、御家族で過ごす時間が何より大切です。
でも、弱気になっている患者様は
「どうせならずっと病院にいた方が安心だわ」
と言って外泊や退院を希望されない方が多いのです。
そんな時にこんな記念日があると、私も患者さんも御家族も嬉しいんです。
おうちに帰る良い口実になりますからね。
しかし、御家族がおうちでパーティーを予定しているのにどうしても帰れない患者様はとっても寂しそうに、おうちに帰れる患者様をうらやましそうにじーっと見ています。
そんなとき、わたしはごめんねって思いながらも、そうやっておうちに帰りたいという気持ちを強くしてあげることで回復が早まることも知っています。
皆様にとって良いクリスマスでありますように。
そして今年はクリスマスをみんなと過ごせなかった方。
来年はきっともっと良い年になりますからね。
↓本日もブログランキングのクリックをよろしくお願いいたします。クリックで一人でも多くの方を乳がんから救ってまいりましょう。みなさま、いつも応援ありがとうございます。深く感謝申し上げます。
blog ranking