今日は、乳房再建における乳頭の再建方法についての記事です。
きっと皆様、びっくりされると思います。
私も乳頭の再建方法をなぐも先生に御指導いただいて、とてもびっくりした印象があります。
形成外科領域ならではの手術手技です。

「乳頭の再建方法にはたとえば以下のような方法があります。
1.対側乳頭の移植
対側の乳頭の先端を取って、再建乳房に移植します。
これから授乳を希望する人や、乳頭が小さい人には適しません。
2.局所皮弁法
再建乳房の皮膚を切って丸めて乳首の高まりをつくります。
皮膚の緊張が強いときや、放射線がかかっている皮膚では、すぐに平らになってしまいます。
乳ガン110番 南雲吉則先生他 日刊工業新聞社より引用」

色々な工夫や発明が形成外科手術の完成度を高めていくのですね。
昨晩は病院で過ごしましたので今ちょっとおねむです。
道を歩きながら意識を失わないようにしないといけませんね。
睡眠不足で思い出したのですが、年末にちょこっとディズニーのホテルに泊まる機会に恵まれました。
夜中にフラッとホテルのフロントを通って、外の空気を吸いに行ったのですが、いつも通りホテルの従業員(キャスト)の方は夜中でも素敵な笑顔で迎えてくれました。
こういった対応を私たち病院でもしていきたい。
いつもそう思って、ディズニーのホテルに泊まると夜中にそっとフロントを通ってそのホスピタリティーを勉強させていただいているのです。
ホテルの方には良い迷惑ですよね。
でも、その対応がたくさんの方々を幸せにしているんです。
私たちも見習わなきゃね!!
↓今日もブログランキングのクリックをよろしくお願いいたします。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking