今日も硬くてなかなか飲み込めないメニューとなっております。
ゆっくりじっくりことこと煮込んで、よくかみ砕いて味わってから飲み込んでいきましょう。

「アンスラサイクリン奏効の分子予測因子には、
1.TopoⅡ遺伝子異常(遺伝子増幅や欠失)
2.TopoⅡ蛋白過剰発現
3.DNA修復障害
がある。
1. TopoⅡ遺伝子異常(遺伝子増幅や欠失)
TopoⅡα遺伝子の異常が最も高頻度に認められるのはHER2増幅腫瘍である。
しかし、HER2非増殖腫瘍でもtopoⅡ遺伝子増幅やtopoⅡ遺伝子欠失(欠失の方が多い)が10%未満あると報告されている。
2.TopoⅡ蛋白過剰発現
TopoⅡはDNA複製期における重要な酵素で、増殖中の腫瘍にtopoⅡ蛋白の過剰発現が認められるのはそのためである。
従って、増殖率の高いHER2陰性/ホルモン受容体陽性腫瘍(luminal non-A あるいはluminal B tumor)では、蛋白の過剰発現が予想される。
増殖率の高いHER2陰性/ホルモン受容体陰性腫瘍(トリプルネガティブ腫瘍)もtopoⅡ蛋白を過剰に発現することが予想される。
American Society of Clinical Oncology 2008 Educational Book , Breast Cancerより抜粋引用」

3.DNA修復障害は明日にしましょうね。
今日は病院全体の行事があるのですが、そんな日に外科ではいつも何かがおこります。
今、内科の先生がどなたかのおなかのCT写真を持って相談にいらっしゃいました。
ほら、やっぱり何かがおきました。
病院行事の不参加決定です。
それでは、また明日もちょっと難しい勉強の続きをしましょうね。
↓本日も、ブログランキングのクリックをお願いできますか。クリックで一人でも多くの方を乳がんのお悩みから救ってまいりましょう。みなさまの応援を、心より感謝申し上げます。
blog ranking