近年、各臓器における手術の世界的な流れは、拡大手術から縮小手術へ向かっています。
すなわち、胃がんや大腸がんなどあらゆるがんにおいて、やり過ぎ手術をやめようという動きになってきています。
これは、たとえ一生懸命に手術をしても拡大手術ではその合併症で命を落とす方がいらっしゃったり、最近の抗がん剤の進歩により、拡大手術そのものよりも手術後の抗がん剤治療の方が重要であることも多いからです。
そんななか、乳がんにおける腋窩リンパ節郭清については、最近その治療的意義に疑問が持たれていました。
それでは今回は、乳がん診療ガイドライン2008 外科療法 をひもといてみましょう。

「最近では乳房切除後の胸壁放射線照射による局所コントロールの改善で死亡率が10%減少する事が示され、腋窩郭清による局所制御・生存率への影響について注目が集まっている。
NSABP B-04試験では、25年の長期follow upにおいて、腋窩リンパ節郭清が生存率において有意差を認めないことが示された。
しかし、これに反論して1999年には腋窩郭清群と非腋窩郭清群との6つの比較試験のメタアナリシスが行われ、腋窩郭清群での生存率の改善が4-16%であるという報告がある。
このように、NSABP B-04試験の結果のみで、腋窩郭清に意義がないと判断することに警鐘が鳴らされている。」

難しいお話は何回かに分けてお勉強しましょうか。
それにしても最近の患者様はみなさまとっても勉強熱心で私たちがたじたじです。
乳腺のしこりを感じてから外来受診までの間に、乳がんについて、手術について、乳房再建について、そして抗がん剤やホルモン治療、さらにはハーセプチンなどについても既に勉強済みで外来受診をされるかたもいらっしゃって、びっくりするのと同時に、それだけ乳がんは女性を不安におとしいれてしまうのだな、と感じます。
でも、多くの不安要素は間違った情報が原因のこともあります。
今日も不安でいっぱいの患者様がいらっしゃったので、ずっとお話していました。
最後にやっと笑顔をみせてくださってほっとしましたが、人の不安を解決してさしあげるのは、なかなかお時間が必要なんだな、と思いました。
今日は外来終了時間3時間オーバーでした・・・。
↓何時間オーバーしてもいいから、みんなを笑顔にしてね!でも、あまりお待たせしないでね!とクリックお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。
blog ranking