今日も、PET検査による乳癌検診の是非について確認します。

「マンモグラフィーと触診を併用した乳癌検診では、早期乳癌率が73%であるのに対して、FDG-PETでは20%である。
また、1cm未満の腫瘍、組織学的に分化度の高い腫瘍(管状癌、非浸潤性乳管癌)、代謝活性の低い小葉癌の検出能は低い。
さらに、炎症、線維腺腫、管状腺腫、および異型組織では偽陽性(本当は良性なのに悪性と判断される;yasuu注釈)となる。
現在までに、FDG-PETを用いたスクリーニングによる乳癌の死亡率減少効果の有無を判断する証拠はない。
FDG-PETによるスクリーニングは現行のマンモグラフィーと視触診を併用した乳癌検診より乳癌検出率は低く、早期乳癌率も劣っている。
さらにFDG-PETは検査費用が高く、全身への被爆という不利益もある。
従って、FDG-PETは乳癌のスクリーニングとして勧められない。
乳がん診療ガイドライン2008 検診・診断 から引用」

このように、ガイドラインでは乳がん検診にPETはお勧めできないそうです。
でもPETは、原因不明のがん(原発不明がん)やがんの転移の診断に非常に重要な検査ですので、私たちもいつもPETに助けられております。
実は、私の好きな作家のひとりに荻原 浩さんがいらっしゃいます。
先日読み終わった本は、“ママの狙撃銃 (双葉文庫)”です。
幼い頃に銃社会アメリカで暮らし、身を守るためにおじいさまから拳銃の扱い方を教わった主人公曜子。
実はおじいさまは暗殺者。
曜子は、おじいさまの死後、その仕事を一度だけ代わりに引き受けたことがあった。
そんな曜子が、弱くてだまされやすい夫と、いじめを受けている子供達を、その強い心とその拳銃で!守っていく。
あり得ないんだけど、とっても励まされるお話でした。
自分の身に起こる不幸にいつも心の中で牙を向いて立ち向かっていかなければいけないことを教えてくれます。
元気が出ますから読んでみてみてね (*^_^*)
↓わっかりました。今度読んでみるね!とクリックお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。
blog ranking