今日は、先ほどまで横浜市立大学 乳がん学校へ参加してきました。
関東を中心に全国から多職種の医療スタッフが集合し、乳がん患者様をチームで支えていく方法を学び、そして討論をしてきました。
まだまだ、乳がん患者様を含め、がん患者様を病院全体で支えてくれるところは少ないと思います。
でも、「医療スタッフ全員で患者様を支えていくことが重要なんだ!」と感じているメンバーがたくさんいることが分かりとっても嬉しかったです。
日本の医療はこれからもどんどん良くなっていくと感じました。
いいえ、私たちが良くしていかなければいけないと思っています。
きちんと患者様の御病気とその心の中、家庭環境、仕事環境を含めて、すべてに思いを馳せて支えていこう、と考えているメンバーが日本中にいっぱいいます。
そういう熱い思いをもって治療を担当してくれる病院に患者様は治療を依頼すべきであると思います。
以前より、チーム医療の重要性やその方法を学ばせていただいていた横浜市大乳がん学校も本日無事に卒業させていただきました。
横浜市大の千島先生をはじめ、乳がん学校のスタッフの先生方、皆様方本当にお疲れ様でした。
そして今回の乳がん学校卒業生の皆様。
乳がん患者様をはじめ、病気と闘っている皆様を一緒に支えていきましょう。
乳がん患者様を支えていきたいと思っている医療スタッフは、来年是非乳がん学校の門を叩いてくださいね。
今からまた私は次のステップに向かってスタートしようと思っていますジョギング
↓「明日からの医療をもっともっと良くしていきなさい!これは私たちからの命令です!!」とクリックお願いいたします。いつも応援とお尻たたきありがとうございます。
blog ranking