乳癌の進行状況については、しこりの大きさ、リンパ節への転移の程度および遠隔転移(肝臓、肺、骨など)の有無によって決定されます。
一般的にはリンパ節への転移後に全身への転移がみられますが、すべての人に転移がみられるわけではありません。
病期分類
0期   非浸潤癌
Ⅰ~Ⅲ期  遠隔転移を伴わない浸潤癌
Ⅳ期  遠隔転移を伴う浸潤癌
大きく分けるとこのようになります。
明日はもう少し詳しくお話します。
今日は午前中に学会での発表がありました。
川崎幸病院の腹腔鏡手術に関する内容です。
私たちの病院では、緊急手術にも積極的に腹腔鏡手術を採用しており、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)も小さな孔を3つほどで、手術を行っております。
ただし虫垂の炎症がひどい場合には、おなかをあける手術が必要になることもあります。
おなかが痛いときにもご相談くださいね。
それでは、私は今から北国のおいしいラーメン探しに出かけてきます。
あっ、こんな所に時計台が・・。