今日も、

具体的な数字が

出てきます。

 

すべての癌腫の

脳転移に対する

手術療法と

放射線療法との間に

治療成績の差は

認められていないが、

乳癌の脳転移を対象とした

最近の報告では、

手術症例の

生存期間中央値は

17ヶ月、

放射線療法では

7ヶ月であった。

選別された症例に対して

外科的切除と

全脳照射を施行した報告では、

生存期間中央値は

16-37ヶ月であった。

 

生存期間中央値とは

対象となる患者様の数の

半分の方が

亡くなるまでの

期間を表します。

ですから

例えば

100人の患者様のうち

50人目の患者様が

亡くなった日が

調査開始日から何ヶ月目か、

という数字です。

残りの50人の方が

何十年も

生存している可能性も

もちろんございます。

ですから

あくまでも

一つの目安です。

具体的な数字が

出てきても

その背景までを

しっかりと

把握しておくことで

不安は

和らぐのです(*^_^*)

 

【関連記事】

乳がん脳転移の手術

乳がん脳転移の基本方針

乳がん脳転移の成績

乳がん脳転移の生存期間

脳転移の症状

脳よりも全身状態

HER2陽性乳がんの脳転移

脳転移に対するチーム医療

たくさんの脳転移がある場合

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan