たくさんの脳転移が

認められた場合の対処方法。

 

多発性脳転移に対する

外科的切除は

一定の見解を得ていない。

 

いくつかの論文では

すべての脳転移巣を

切除できた場合、

長期生存を得たと報告もあるが、

基本的には

外科的治療は勧められない。

 

わが国の報告によると

脳転移が5-10個であっても

条件によっては

定位放射線照射は

全脳照射に劣らず、

定位放射線照射は

全脳照射と比較して

有害事象も少なかったとしている。

 

このように

たくさんの脳転移を

すべて切除するという

積極的な外科手術が

命を救うこともあります。

 

しかし

だからといって

やみくもに

手術を考えてはいけません。

 

メリットとデメリット。

 

得るものと

失うものを比較し

得るものが大きければ

その選択は

正しいのです。

 

脳転移に対する

手術と放射線治療。

 

それぞれの

優れた点を見つめ

戦略を練っていきましょう(*^_^*)

 

 

【関連記事】

乳がん脳転移の手術

乳がん脳転移の基本方針

乳がん脳転移の成績

乳がん脳転移の生存期間

脳転移の症状

脳よりも全身状態

HER2陽性乳がんの脳転移

脳転移に対するチーム医療

たくさんの脳転移がある場合

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan