乳がんの転移が

みられた場合に

どのような対応が正解なのか。

 

乳癌は原発巣から

所属リンパ節を超えて広がると

治癒は困難である。

 

転移後の治療の目的は

治癒から緩和へと移行し、

症状のコントロール、

QOLの改善、

生存の延長を目標に

おこなわれる。

 

しかし

大腸癌の肝転移のように

転移巣を積極的に

切除することで

生存期間の延長が

認められる病態も存在する。

 

乳がん患者様に

転移が見つかった場合に

まず受ける説明内容が

あります。

 

それは

「根治は望めない」

という言葉です。

 

この言葉によって

患者様は

目の前が真っ白になり

「頑張ろう」という気持ちが

消えていってしまいます。

 

でも

根治は望めなくても

病気が悪化しないように

コントロールしていく

考え方が重要になるのです。

 

完全に悪い奴を

たたきつぶすことは

困難でも

暴れないように

上手に抑え込んでいく。

 

それが

乳がんの転移に対する

大切な考え方です。

 

決して

あきらめる必要は

ありません。

 

あなたに

ふさわしい治療が

必ず見つかります。

 

先生に何と言われようとも

がっかりせずに

次の作戦を

立てていきましょうね(*^_^*)

 

【関連記事】

乳がんの転移

乳がんの転移パターン

乳がん肺転移の治療法

肺転移の完全切除

肺転移か肺がんか

骨転移に対する手術

医師の敗北宣言

乳がん肝転移と言われたら

データの信憑性

肝切除の裏事情

 

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan