肺転移の

完全切除が大切です。

 

肺転移切除症例において

R0の症例は

R1,R2の症例に比較して

OS(全生存期間)が

有意に長かったとの

報告もある。

(103.4ヶ月  vs   23.6ヶ月 vs   20.2ヶ月)

 

これらのデータには

選択バイアスがあり

非手術症例では

悪い予後因子

すなわち

多発、急速増大、

短いDFI(disease-free interval)、

低いPS(performance status)が

関与している。

 

手術は

完全切除が基本であり

多発性転移より

単発性転移、

ER陽性、

長期間のDFIの症例に

有効である。

 

R0とはアールゼロと読みます。

 

がんを完全に切除できた手術という

意味です。

 

R1は切除したギリギリに

がんが存在してしまった手術。

 

R2は明らかに

がんが残っている手術。

 

完全に肺転移が切除されると

その後の命の長さが

期待できるという

内容の論文が

紹介されています。

 

しかし

長期間再発を

起こしていなかった

すなわち

DFI(無再発期間)

が長いがんの方が

性格は穏やかであり

そのような乳がんの肺転移に

手術をおこなった場合に

有効性が期待できると

いうことになります。

 

やはり

乳がんの性格が

とても大事です。

 

乳がんの性格分析。

 

主治医の先生と

しっかりと

お話合いを

してくださいね(*^_^*)

 

【関連記事】

乳がんの転移

乳がんの転移パターン

乳がん肺転移の治療法

肺転移の完全切除

肺転移か肺がんか

骨転移に対する手術

医師の敗北宣言

乳がん肝転移と言われたら

データの信憑性

肝切除の裏事情

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan