判断に迷う場合は

手術を選択します。

 

乳癌既往のある

単発性肺腫瘍の50%以上が

原発性肺癌との報告もあり、

この場合は

治癒の可能性がある。

 

肺病変の鑑別診断のために

VATS

(video-assisted thoracic surgery)

は有用である。

 

転移か原発か

判断に迷う

単発性肺腫瘍の場合、

診断と治療を兼ねた切除は

考慮され得る。

 

VATSとは

カメラを肋骨の間から

挿入し

直接肺を観察する

方法です。

 

傷も小さく

術後の回復も早いため

診断的治療に有効です。

 

治療もおこない

診断も付けることができる。

 

それが

診断的治療。

 

VATSが開発されたことで

乳がんの患者様も

恩恵を受けることが

できるのです。

 

【関連記事】

乳がんの転移

乳がんの転移パターン

乳がん肺転移の治療法

肺転移の完全切除

肺転移か肺がんか

骨転移に対する手術

医師の敗北宣言

乳がん肝転移と言われたら

データの信憑性

肝切除の裏事情

 

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント
 

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan